手付かず(読み)テツカズ

デジタル大辞泉の解説

て‐つかず【手付かず】

[名・形動]
まだ手をつけていないで、そのまま残っていること。また、そのさま。「手付かずの料理」「宿題が手付かずな(の)ままだ」
労力を使わないこと。また、そのさま。
「頸(つむり)へ乗せさへすれば―に髷(まげ)が出来る」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てつかず【手付かず】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
まだ手をつけていないこと。つかったり、着手したりしていないこと。また、そのさま。 「絵の宿題がまだ-だ」 「 -の金」
手間がかからない・こと(さま)。 「頸つむりへ乗せさへすれば-に髷まげが出来る/滑稽本・浮世風呂 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手付かずの関連情報