コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手付かず テツカズ

2件 の用語解説(手付かずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

て‐つかず【手付かず】

[名・形動]
まだ手をつけていないで、そのまま残っていること。また、そのさま。「手付かずの料理」「宿題が手付かずな(の)ままだ」
労力を使わないこと。また、そのさま。
「頸(つむり)へ乗せさへすれば―に髷(まげ)が出来る」〈滑・浮世風呂・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てつかず【手付かず】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
まだ手をつけていないこと。つかったり、着手したりしていないこと。また、そのさま。 「絵の宿題がまだ-だ」 「 -の金」
手間がかからない・こと(さま)。 「頸つむりへ乗せさへすれば-に髷まげが出来る/滑稽本・浮世風呂 2

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手付かずの関連キーワード処女地生兵手を下す初物不確定未解決未開拓未熟無教育仕掛り

手付かずの関連情報