コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿題 シュクダイ

4件 の用語解説(宿題の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐だい【宿題】

家庭でやってくるべきものとして教師が児童・生徒に課する、学習上の課題。「夏休みの宿題
解決が後日に持ち越された課題。「その件は今後の宿題にする」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅくだい【宿題】

学校の正規の授業時間以外に,主として家庭で行うように,教師によって生徒に課される学習および作業。宿題はもともと即題,席題の反対の概念で,前もって与えておく問題,解決されずに残された課題という意味である。俳諧,連歌などの用例が,学校教育に転用されたのであろう。当初,宿題という用語は一般的でなく,復習,予習の指示として始まった。1900年前後に,各地の師範学校付属小学校で〈復習心得〉〈復習要項〉が生徒に配布され,10年代には各教科ごとの夏休み宿題帳が作られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅくだい【宿題】

学校における学習の補足・定着・準備などを目的として、児童・生徒に課す家庭学習・家庭作業。
未解決・未決定のまま持ち越された問題。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宿題
しゅくだい

学校の正規の授業時間以外に主として家庭で学習を行わせるために、教師が子供に課す問題のことをいう。家庭でそれを果たすことから、家庭学習や家庭作業といわれることもあるが、この用語は子供が自らの興味に基づいて自発的に行う学習を含んでいるので、宿題は家庭学習や家庭作業の一部ということになる。
 親は、子供が家庭で勉強しないで遊んでしまうから、宿題を出してほしいと、教師に要請することが多い。また子供が学校から帰ると、親は宿題が出たかどうかを尋ねて、ただちに宿題をやりなさいと指示したり、あるいはそれを手伝ったりする。このように家庭では、宿題が子供の暇な時間の活用、子供のしつけ、子供とのコミュニケーション、親の教育的責務の正当化などのいろいろな機能を果たしているのが実情である。
 宿題は、もともと授業での学習を補充する働きをもっていた。授業の目標達成の面で学習の不十分なところを家庭で補充させようとして、教師が宿題を出すことになったのである。しだいにこれと競い合うようにして、宿題に教育的機能が積極的に込められるようになった。それは、宿題が知識や技能を獲得する働きをもつとともに、自主的に学ぶ方法や態度を育てる機会となることを意味する。
 具体的には、次のような教育的意義づけが指摘できる。(1)授業で盛り上がってきた学習意欲をさらに高め満たすこと、(2)家庭や地域社会の場でないとできないような観察・見学・調査をすること、(3)授業で新たに獲得した知識や技能を実地に応用して、その意義を感得すること、(4)新たに理解した原理や方法を反復ないし練習して、十分に身につけて定着すること、(5)次の授業の準備として下調べをし、いわゆる予習をすること、(6)学習上の特別な欠陥やつまずきの矯正を補強すること、などである。[長谷川榮]

配慮

授業が本来果たすべきことをおろそかにして、それを宿題に転嫁することになると、宿題が教育的に堕落する危険に陥る。授業における内容の盛りすぎ、時間不足、指導の不十分さ、学習進度の遅れなどを理由にして、安易に宿題を出すと、子供は宿題に苦しめられて、教育的成果が期待できないであろう。少なくとも宿題は準備して計画的に出すこと、子供の学習実態に即すること、独力で果たすようにその方法を指導しておくこと、後の点検を十分すること、などがたいせつである。[長谷川榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宿題の言及

【鉛筆】より

…鉛筆は,第1に,ほぼ一定の太さで文字・数字を書くことができ,毛筆のような技能を要しないので,低年齢の子どもの筆記具として最適であること,第2に,消しゴムで簡単に消して書き直すことができ,試行錯誤の連続にほかならない学習にとっては最適の筆記具であったこと,第3に,永い伝統をもつ毛筆にはその使用者の表現内容を拘束する性格があり,紋切調の〈一瓢を携へて墨堤に上る〉式の文章が作られやすかったが,歴史の浅い鉛筆はそれがなく,子どもたちの筆記表現に大幅な自由を与えたことなど,学習用具としてのすぐれた性格をもっていた。こうして,〈書く〉ことによる学習が深まるとともに,〈記録〉が容易となって宿題が多くなった。さらに,子どもに自由な表現を許すことと,その表現を客体化させることによって,〈書く〉ことにより子どもの認識を進化させる指導が可能となった。…

※「宿題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宿題の関連キーワード教諭所定外労働時間補習開校課外正課土曜補習学校の授業時数授業時間小学校の授業時間増

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宿題の関連情報