コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手垢 テアカ

デジタル大辞泉の解説

て‐あか【手×垢】

手のあか。手でさわったために、その物についたよごれ。「手垢を落とす」「手垢にまみれたノート」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てあか【手垢】

手のあか。また、器物などに手が触れてついたよごれ。 「 -のついた本」
使い古されて、新味のないこと。 「 -のついた表現」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手垢の関連キーワード俳句(文学)共同幻想沢山保羅表現

手垢の関連情報