手垢(読み)テアカ

デジタル大辞泉の解説

て‐あか【手×垢】

手のあか。手でさわったために、その物についたよごれ。「手垢を落とす」「手垢にまみれたノート」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てあか【手垢】

手のあか。また、器物などに手が触れてついたよごれ。 「 -のついた本」
使い古されて、新味のないこと。 「 -のついた表現」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐あか【手垢】

〘名〙 手の。また、物についた手のよごれ。
※俳諧・水の音(1723)「手垢にてひかる柱の寒さかな」
※私小説の系譜(1948)〈中野好夫〉「今日ではいくらか手垢がつきすぎるほど〈略〉引用される言葉であるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手垢の関連情報