コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手形厳正 てがたげんせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手形厳正
てがたげんせい

手形債務が一般の債務に比べて厳格なものとされていること。形式的厳正と実質的厳正に分けられる。手形の支払いの確実性と手形の流通性を確保するために,手形に関して特別な諸制度が設けられているが,これらのうち,形式的厳正に属するものとしては,手形に特有な簡易,迅速な訴訟手続としての手形訴訟 (民事訴訟法) があり,実質的厳正に属するものとしては,手形の無因性,所持人に対する手形行為者の合同責任,人的抗弁の切断などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android