手棹(読み)てざお

精選版 日本国語大辞典「手棹」の解説

て‐ざお ‥ざを【手棹】

〘名〙
船具の一つ。物をよけるのに使う、水棹(みさお)より短いさお。がすれ違う時、向こうの船に突っ張って隔てるのに用いる。
鹿苑院殿厳島詣記(1389)「高しほになるとこぐめる友舟の蜑の手棹はまなくとらなん」
② あまり長くない手ごろな長さのさお。
※俳諧・毛吹草(1638)六「朶(えだ)なからかち栗となす手棹(サホ)哉〈貞盛〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手棹」の解説

て‐ざお〔‐ざを〕【手×棹】

船がすれ違うときに、相手の船に突っ張って隔てるのに使う短い棹。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android