コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿苑院殿厳島詣記 ろくおんいんどのいつくしまもうでき

世界大百科事典 第2版の解説

ろくおんいんどのいつくしまもうでき【鹿苑院殿厳島詣記】

1389年(元中6∥康応1)将軍足利義満の厳島詣に随行した今川貞世が記した紀行文異称は《鹿苑院厳島詣記》《鹿苑院義満公厳島詣記》。3月4日に都を出て,10日の夜厳島に着き,翌11日に宮参りを終えたのち,伊予,周防あたりまで足をのばしたが,九州までの予定を途中で変更して3月26日に帰京するまでを記している。厳島詣といっても,実際は山陽・九州の大名を威圧し瀬戸内海を制圧する政治的ねらいを秘めた旅行であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鹿苑院殿厳島詣記の関連キーワード三田尻

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android