コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿苑院殿厳島詣記 ろくおんいんどのいつくしまもうでき

1件 の用語解説(鹿苑院殿厳島詣記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろくおんいんどのいつくしまもうでき【鹿苑院殿厳島詣記】

1389年(元中6∥康応1)将軍足利義満の厳島詣に随行した今川貞世が記した紀行文。異称は《鹿苑院厳島詣記》《鹿苑院義満公厳島詣記》。3月4日に都を出て,10日の夜厳島に着き,翌11日に宮参りを終えたのち,伊予,周防あたりまで足をのばしたが,九州までの予定を途中で変更して3月26日に帰京するまでを記している。厳島詣といっても,実際は山陽・九州の大名を威圧し瀬戸内海を制圧する政治的ねらいを秘めた旅行であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鹿苑院殿厳島詣記の関連キーワード永享の乱北山殿室町殿室町幕府康応儀俄氏秀日野栄子家喜九郎山名氏幸良什

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone