手水・小用(読み)ちょうず

精選版 日本国語大辞典「手水・小用」の解説

ちょうず てうづ【手水・小用】

〘名〙 (「てみづ」の変化した語)
や顔などを洗い清めるための水。また、洗い清めること。特に、社寺などで参拝の前に手や口を清めること。
(10C終)一二四「はんざうにててうづいれててもなきたらひなどあり」
② (用便の後、手を洗うところから) 小便をすること。用便に行くこと。また、大小便。〔女中詞(元祿五年)(1692)〕
落語成田小僧(1889)〈三代目三遊亭円遊〉「あの芸者便所(テフズ)へ手を掛けながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android