コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小便 ショウベン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐べん〔セウ‐〕【小便】

[名](スル)
老廃物として腎臓で血液中から濾過(ろか)され、尿管から膀胱(ぼうこう)にたまり、尿道を経て体外に排出される液体。また、それを排出すること。尿。ゆばり。小用。小水。「小便に立つ」「寝小便」「立ち小便」「小便小僧」
いったん約束した売買を一方的にとりやめること。「契約を小便されてはたまらない」

しょん‐べん【小便】

[名](スル)しょうべん(小便)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうべん【小便】

( 名 ) スル
血液中の水分や老廃物が腎臓で濾過されて体外に排出されるもの。また、それを排出すること。尿によう。ゆばり。小水。小用。しょんべん。 → 尿
契約後に、売り手・買い手のいずれかが不当に契約を破棄することを俗にいう語。 「いかにも負けてやりませうが、又-する事はならぬぞ/咄本・露休置土産」
ひやかし。 「 -を四十七人せずに居る/柳多留 22
[句項目]

しょんべん【小便】

( 名 ) スル
「しょうべん(小便)」の転。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小便
しょうべん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小便の言及

【尿】より

排出【佃 弘子】
【ヒトの尿】
 血漿成分を原料として腎臓でつくられ,尿路(尿管,膀胱,尿道)を通して体外に排出される液体。俗にいう小便,小水のこと。尿には体内の種々の代謝産物のうち,生体にとって不必要ないわゆる老廃物や過剰物質などが含まれる。…

※「小便」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小便の関連キーワード小便一町糞一里マネケンピス汲み取り便所マヌカンピス立ちしょん連れしょん小便溜め御漏らし用を足す衛生陶器しょぐる小便臭いひょぐるおしっこしっこ立小便大小便寝小便排泄物柳多留

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小便の関連情報