コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手砲 しゅほう hand cannon

1件 の用語解説(手砲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手砲
しゅほう
hand cannon

14世紀なかばすぎに現れた大砲と小銃の中間の小型カノン砲。これが発達して小銃が生れた。手銃とも呼ばれる。 1360年に初めて文献に現れ,すでに使われていたとみられる。真鍮,あるいは青銅製で,まれに鉄製のものがあり,砲身の長さはおよそ 20~30cmで,長い台尻をつけ,叉柱 (さちゅう) で支えて地上に置くもの,木製の台に砲身を固定させて肩に載せるもの,長い叉柱で支えて射撃するものなど多くの種類があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手砲の関連キーワード火砲小銃モーゼル銃相半ばするゲベール銃功罪相半ばする骨相半ば過ぎ氷山の一角石火矢

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手砲の関連情報