手習師匠(読み)てならいししょう

精選版 日本国語大辞典の解説

てならい‐ししょう てならひシシャウ【手習師匠】

〘名〙 習字などを教える人。また、寺子屋の師匠。
※雑俳・柳多留‐四五(1808)「二の午の百社手習師匠なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android