コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手返し テガエシ

2件 の用語解説(手返しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

て‐がえし〔‐がへし〕【手返し】

餅搗(もちつ)きのとき、臼(うす)の中の餅を手でこね返すこと。また、その役。
古着を縫いなおすこと。
「明日の―も大抵な事ではない」〈露伴・いさなとり
遊戯の一。相手が伏せて出す手の下に自分の手を置き、すきをうかがい、手を返して相手の手を打つもの。
てむかい。反抗。
「今日随ひても明日は―をし」〈室町殿日記・八〉
手数を重ねること。
「おれひとりで―ができやあしねえ」〈伎・処女翫浮名横櫛

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てがえし【手返し】

何度も手を加えること。また、手をかけて処置すること。始末。 「皺だらけやら酒染だらけ明日の-も大抵な事ではない/いさなとり 露伴
裏切り。心変わり。反抗。 「今日したがひても明日は-をし/室町殿日記」
遊戯の一。相手が伏せて差し出す手の下に自分の手を入れ、すきを見て自分の手を返し相手の手を打つこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手返しの関連キーワード臼・碓内つ捏ね取り望潮持ちつ持たれつ柱餅餅搗き持付ける持付けない商長宗麿

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手返しの関連情報