コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

処女翫浮名横櫛 むすめごのみうきなのよこぐし

1件 の用語解説(処女翫浮名横櫛の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むすめごのみうきなのよこぐし【処女翫浮名横櫛】

歌舞伎狂言。世話物。3幕9場。通称《切られお富》河竹黙阿弥作。1864年(元治1)4月江戸守田座で《若葉梅(わかばのうめ)浮名横櫛》として初演,同芝居が初日の翌日類焼したため,同年7月再開場に際して処女翫浮名横櫛》と改題続演した。配役は赤間源左衛門を4世中村芝翫,お富を3世沢村田之助,蝙蝠安を市川九蔵(のちの7世市川団蔵),井筒与三郎を2世沢村訥升(のちの4世助高屋高助)など。《与話情(よわなさけ)浮名横櫛》の書替狂言だが,独立した内容を持ち,むしろ原作をしのぐとさえいえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone