手間取(読み)てまとり

精選版 日本国語大辞典の解説

てま‐とり【手間取】

〘名〙 手間賃で一時的に雇われること。手間賃をとって働くこと。また、その人。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二二「下男二人給仕三人、手間取(テマトリ)一人(下働らき)〈略〉すべて六七人の勢を」

てま‐ど・る【手間取】

[1] 〘自ラ五(四)〙 かなりの時間がかかる。思ったよりひまがかかる。てまどれる。
※浄瑠璃・碁盤太平記(1710)「逃ぐる敵を追駈けて、無益の功名手間(テマ)どるな」
[2] 〘自ラ下二〙 ⇒てまどれる(手間取)

てま‐ど・れる【手間取】

〘自ラ下一〙 てまど・る 〘自ラ下二〙 =てまどる(手間取)
※島崎金次郎宛大田南畝書簡‐享和元年(1801)六月初か「地面之沙汰無之由、とかく手間取れが勝手によろしく候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android