才子多病(読み)サイシタビョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

さいし【才子】 多病(たびょう)

才子は才があるかわりにとかく体が弱くて病気になりがちであること。
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉序「跖富んで顔貧しく、美人薄命にして才子多病なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

才子多病

才子は才があるかわりにとかく体が弱く病気がちである。

[使用例] せき富んで顔貧しく、美人薄命にして才子多病なり[末広鉄腸*雪中梅|1886]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

才子多病

才能のある人はとかく体が弱くて病気になりがちであるということ。

[使用例] 跖富んで顔貧しく、美人薄命にして才子多病なり[末広鉄腸*雪中梅|1886]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android