コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打上げ花火 うちあげはなび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

打上げ花火
うちあげはなび

花火のうち観賞用に属するものの一つ。通常,鉄の筒などを用い発射火薬で上空に打上げて開かせる。紙製球形または円筒形の殻中に火薬が充填されているが,日本の場合は多くは球形である。その大きさにより特2号から 30号まで規格がある。仕組みにより通称割物,ぽか物,また曲導付きなどがある。さらに打上げ花火には昼間用と夜間用がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うちあげ‐はなび【打(ち)上げ花火】

筒で打ち上げて上空で開かせる花火。大輪の花模様をひろげる割物(わりもの)や、それを変化させた半割(はんわり)・小割(こわり)、円形に展開しないポカなどがある。揚げ花火。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

打上げ花火
うちあげはなび

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

打上げ花火の関連キーワード感情(心理学)岐阜長良川花火千葉県導火線たが屋川開き

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打上げ花火の関連情報