打上げ花火(読み)うちあげはなび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

打上げ花火
うちあげはなび

花火のうち観賞用に属するものの一つ。通常,鉄の筒などを用い発射火薬で上空に打上げて開かせる。紙製球形または円筒形の殻中に火薬が充填されているが,日本の場合は多くは球形である。その大きさにより特2号から 30号まで規格がある。仕組みにより通称割物,ぽか物,また曲導付きなどがある。さらに打上げ花火には昼間用と夜間用がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うちあげ‐はなび【打(ち)上げ花火】

筒で打ち上げて上空で開かせる花火。大輪の花模様をひろげる割物(わりもの)や、それを変化させた半割(はんわり)・小割(こわり)、円形に展開しないポカなどがある。揚げ花火。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android