打平(読み)うちひらめ

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ひらめ【打平】

〘名〙
① 薄く平らに延ばしたもの。
※評判記・色道大鏡(1678)一四「丸ぐけの帯もうちひらめになり、幅狭き帯の一きは広きを用ゆ」
② 品質の劣った小形の銭貨をつちで打って大形の銭貨の大きさに平たく延ばした粗悪貨。室町末期、戦国時代に流通した。
※大内氏掟書‐六二条・文明一七年(1485)四月一五日「さかひ銭とこうふ銭〈なわ切の事也〉、うちひらめ、此三いろをばえらふべし」
③ へぎ板を折り曲げて四方を囲んだ盆。折敷(おしき)
※随筆・関秘録(1761‐64頃か)五「うちひらめに置てとは、へぎの事なり」
④ ありきたりの平凡なもの。また、平易にしたもの。
※吾妻問答(1467頃)「身を捨てて、うちひらめを申すなり」
⑤ 特に連歌で、句や言葉が俗悪・下品であること。また、そのような句や言葉。
※古今私秘聞(1508)一七「我馮むはうちひらめのやうなれば被直たるにや」

うち‐ひら・める【打平】

〘他マ下一〙 うちひら・む 〘他マ下二〙
① 物質を打って平らにする。
※玉塵抄(1563)一三「鉗鎚打ひらめ打まるめて」
② 平たく表現する。平易にする。また、特に連歌で、句や言葉を通俗的なものにする。
俳諧竹馬狂吟集(1499)一〇「料足をだし合たるよりあひに ふたりのれんがうちひらめたり」
※白髪集(1563)「ほのぼのとの歌は打聞えたる所はに余にやすく打ひらめたるやうの物也」
③ 打ち込む構えで右側にそらした抜き身の刀剣を持つ(日葡辞書(1603‐04))。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる