コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打突 だとつ

2件 の用語解説(打突の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

打突
だとつ

剣道で,面,胴,小手,突きの定められた部位を目がけて打つこと。その際,竹刀の打突部 (物打ちという。剣先から3分の1で,弦の反対側) で,充実した気勢と適切な姿勢で打突したものが有効 (一本) となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だとつ【打突】

( 名 ) スル
剣道で、打ち込んだり、突いたりすること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打突の関連キーワード籠手逆胴小手防具横手を打つ先手を打つ二三段の技相打ち相討ち相撃ち小手打ち打ち込み稽古

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

打突の関連情報