剣先(読み)ケンサキ

  • 剣先 (ケンサキ)

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

植物。アカネ科の常緑小低木。ヒトエノコクチナシの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 剣の先端。きっさき。また、剣の先に似たとがったもの。
※玉塵抄(1563)一六「蒲の葉が長なりて、葉のさきが剣さきのやうにとがってするどなぞ」
② 剣のように三角にした鏃(やじり)。剣尻。
※今川大双紙(15C前)弓法之次第之事「それより十二月迄はけんさき、とがり矢、丸根などを上に可指也」
③ (その先がとがっているところから) 着物の袵(おくみ)の上部の先端。
④ 製陶で、生素地細工に必要な長さ六~七寸(約二〇センチメートル)、幅四~五分(約一・五センチメートル)の工具。錬鉄製で、その先端が①のように鋭く、切断、削り取り等に用いる。
⑤ 「けんさきえぼし(剣先烏帽子)」の略。〔楽屋図会拾遺(1802)〕
⑥ 型紙捺染(なっせん)用の型板で、布を表面より裏面へ回すべき方の一端に取り付けた剣の先のようにとがった板片をいう。
⑦ コクチナシの園芸品種。花は一重咲きで、葉は細長い。ひとえこくちなし。
⑧ 鷹の足緒の先。
⑨ 模様の一つ。剣の尖端を模様化したもの。
※随筆・半日閑話(1823頃)一三「藍返し染〈略〉その模様、剣先、嘉房菊〈嘉房は奈良屋が隠居の俳名なり〉葵に鶴」
⑩ 「はぐんせい(破軍星)」の異名。
※随筆・嬉遊笑覧(1830)二下「ケンサキ、凡荷物十六駄を載す。大和河内へ運送する船なり。長さ九尋余深さ一尺四寸」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剣先の関連情報