コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

批判社会学 ひはんしゃかいがくcritical sociology

1件 の用語解説(批判社会学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

批判社会学
ひはんしゃかいがく
critical sociology

一般的に,確立された既存の社会学に対して批判的な動機を持つ社会学。とりわけ 1960年代に一方で機能主義理論を,他方でマルクス主義理論を批判しつつ,新しい社会学を構想した潮流を指す。理論的・方法論的レベルの双方から,従来の社会学の在り方を根本から問い直そうとするものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の批判社会学の言及

【社会学】より

…この点で,社会を生み出す人間と逆に社会によって生み出される人間,主体的な生産性と客観的な生産物との間の弁証法的関係を,現象学とマルクス主義との概念的折衷によって解明しようとしたバーガーPeter Berger(1929‐ )とルックマンThomas Luckmann(1927‐ )の試みは注目されてよい。(3)批判社会学 主観主義的立場に立つラディカル変動の社会学で,社会唯名論的,反実証主義的,主意主義的,個性記述的な性格をもつ。しかし,全体性の観念のもとに,主観的世界と客観的世界の統一的把握をめざしてきているいわゆるヘーゲル派マルクス主義と,その理念的継承者であるフランクフルト学派が異論なくこのグループに入るとはいえない。…

※「批判社会学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone