コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在り方/有り形 アリカタ

デジタル大辞泉の解説

あり‐かた【在り方/有り形】

ある物事の、当然そうでなければならないような形や状態。物事の、正しい存在のしかた。「会議の―」「福祉の―」
現にある、存在のしかた。ありさま。ありがたち。
「その消息(あるかたち)及び地形(くにかた)の―を伺(み)る」〈景行紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

在り方/有り形の関連キーワードシュルホフ:ピアノ協奏曲 「ジャズ風に」/06年7月の中央教育審議会の答申最期の一念は善悪の生を引く部活動のガイドラインづくり秋入学とギャップイヤー制度チャンス・オペレーションヤン オチェナーシェク国際協力に関する懇談会メタ・ミュージック東大の秋入学検討教育再生実行会議ルームメイツ自然の斉一性公務員定年制批判社会学懇談会行政大学審議会存在と時間神戸 絢認可法人

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android