コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承兌 しょうだ

1件 の用語解説(承兌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうだ【承兌】

1548‐1607(天文17‐慶長12)
近世初期の臨済宗の僧。〈しょうたい〉ともいう。承兌は諱(いみな),字(あざな)は西笑(さいしよう∥せいしよう)。号は月浦または南陽。詩文を仁如集尭に学び,のち夢窓派の中華承舜の法嗣となる。1584年(天正12)相国寺住持,翌年鹿苑院に移って天下僧録(てんがそうろく)となり,臨済五山派を総管した。そののち,豊臣秀吉に重用され,秀吉が造営した方広寺大仏の供養導師,また秀吉創建の伏見の大光明寺,相国寺山内の豊光寺開山に招請され,やがて豊臣政権下の外交文書のことを管領した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

承兌の関連キーワード一条内基甘露寺伊長西笑承兌鈴木主水有節瑞保お万の方(1)佐藤堅忠土屋利直本多忠次(1)桃ケ谷国仲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone