コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承兌 しょうだ

世界大百科事典 第2版の解説

しょうだ【承兌】

1548‐1607(天文17‐慶長12)
近世初期の臨済宗の僧。〈しょうたい〉ともいう。承兌は諱(いみな),字(あざな)は西笑(さいしよう∥せいしよう)。号は月浦または南陽。詩文を仁如集尭に学び,のち夢窓派の中華承舜の法嗣となる。1584年(天正12)相国寺住持,翌年鹿苑院に移って天下僧録(てんがそうろく)となり,臨済五山派を総管した。そののち,豊臣秀吉に重用され,秀吉が造営した方広寺大仏の供養導師,また秀吉創建の伏見の大光明寺,相国寺山内の豊光寺開山に招請され,やがて豊臣政権下の外交文書のことを管領した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

承兌の関連キーワード異国渡海御朱印帳善隣国宝記鹿苑日録西笑承兌鳳林承章以心崇伝英甫永雄異国日記隔蓂記朱印船直江状耳塚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android