コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁如集尭 にんじょ しゅうぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁如集尭 にんじょ-しゅうぎょう

1483-1574 戦国-織豊時代の僧。
文明15年生まれ。臨済(りんざい)宗。亀泉(きせん)集証に師事し,その法をつぐ。播磨(はりま)の法雲寺などをへて,天文(てんぶん)13年京都相国(しょうこく)寺の住持。のち同寺の鹿苑(ろくおん)院にはいり,僧録司となった。遺稿集に「鏤氷(るひょう)集」。天正(てんしょう)2年7月28日死去。92歳。信濃(しなの)(長野県)出身。俗姓は井上。別号に睡足,雲泉斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仁如集尭の関連キーワード村田宗珠承兌

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android