コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承雲 じょううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

承雲 じょううん

?-? 平安時代前期の僧。
天台宗。貞観(じょうがん)2年(860)比叡山(ひえいざん)東塔南谷の堂宇を改築して三千院円融房とする。文殊楼院の建立にもしたがう。6年内供奉(ないぐぶ)十禅師,18年三部大法阿闍梨(あじゃり)となり,元慶(がんぎょう)3年清涼殿で修法(しゅほう)をとりおこなった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android