抓手(読み)つかみて

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 文楽の人形の手の一つ。指が五本とも別々になっていて、腕につけた差し金で関節を動かし、物をつかむことができるもの。大手を広げるなど手や腕の勇壮な動きや型を見せるのに適し、「絵本太功記」一〇段目の光秀などに用いられる。
※楽屋図会拾遺(1802)下「抓手(ツカミテ)ゆびさき五本とも人間のごとくはたらきあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android