大手(読み)オオテ

デジタル大辞泉の解説

おお‐て〔おほ‐〕【大手】

城の正面。また、正門。追手(おうて)。⇔搦(から)め手
取引所で、多額の売買をする人や会社。大手筋
同種の企業の中で、特に規模の大きい会社。大手筋。「大手の私鉄」
敵の正面を攻撃する軍勢。追手。⇔搦め手
「―、搦め手二手にわかって攻めのぼる」〈平家・九〉

おお‐で〔おほ‐〕【大手】

肩から手の指先まで。「大手を広げて道をふさぐ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおて【大手】

城の正面。表門。追手おうて。 ⇔ からめ手
敵を表門または正面から攻める軍隊。追手。 ⇔ 搦め手 「 -の大将軍/平家 7
同業の中で資本金や生産高など経営規模の大きい会社。大手筋。 「 -の私鉄」
「大手筋」の略。

おおで【大手】

肩から指の先まで。手の全体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐て おほ‥【大手】

〘名〙
① 城の正面。表門。大手門。追手(おうて)。⇔搦手(からめて)
※平家(13C前)九「西は一谷を城に構へ、東は生田の森を大手(オホテ)の木戸口とぞさだめける」
② 敵を正面から攻撃する軍隊。追手(おうて)。⇔搦手(からめて)
※平家(13C前)四「大手は長井の渡り、搦手(からめで)は故我杉(こがすぎ)の渡りより寄せ候ひしに」
③ 「おおてすじ(大手筋)③」の略。〔取引所用語字彙(1917)〕
④ 「おおてすじ(大手筋)④」の略。
※われら戦友たち(1973)〈柴田翔〉終「うちもそのうちにはダムの工事位出来る大手になってみせるね」

おおて おほて【大手】

姓氏の一つ。

おお‐で おほ‥【大手】

〘名〙
① 肩から手の指先まで。
※平家(13C前)四「力およばず、大手(おほで)をひろげて、高倉面(たかくらおもて)の小門よりはしりいでんとするところに」
② あたりをはばからない態度を示すこと。気ままなふるまい。
※評判記・吉原すずめ(1667)上「座敷にぎめかしく、大手にしなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大手の関連情報