大手(読み)オオテ

  • おおて おほ‥
  • おおて おほて
  • おおて〔おほ〕
  • おおで おほ‥
  • おおで〔おほ〕

デジタル大辞泉の解説

城の正面。また、正門。追手(おうて)。⇔搦(から)め手
取引所で、多額の売買をする人や会社。大手筋
同種の企業の中で、特に規模の大きい会社。大手筋。「大手の私鉄」
敵の正面を攻撃する軍勢。追手。⇔搦め手
「―、搦め手二手にわかって攻めのぼる」〈平家・九〉
肩から手の指先まで。「大手を広げて道をふさぐ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 城の正面。表門。大手門。追手(おうて)。⇔搦手(からめて)
※平家(13C前)九「西は一谷を城に構へ、東は生田の森を大手(オホテ)の木戸口とぞさだめける」
② 敵を正面から攻撃する軍隊。追手(おうて)。⇔搦手(からめて)
※平家(13C前)四「大手は長井の渡り、搦手(からめで)は故我杉(こがすぎ)の渡りより寄せ候ひしに」
③ 「おおてすじ(大手筋)③」の略。〔取引所用語字彙(1917)〕
④ 「おおてすじ(大手筋)④」の略。
※われら戦友たち(1973)〈柴田翔〉終「うちもそのうちにはダムの工事位出来る大手になってみせるね」
姓氏の一つ。
〘名〙
① 肩から手の指先まで。
※平家(13C前)四「力およばず、大手(おほで)をひろげて、高倉面(たかくらおもて)の小門よりはしりいでんとするところに」
② あたりをはばからない態度を示すこと。気ままなふるまい。
※評判記・吉原すずめ(1667)上「座敷にぎめかしく、大手にしなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大手の関連情報