投げ(読み)ナゲ

デジタル大辞泉の解説

なげ【投げ】

投げること。「槍投げ」「身投げ
相撲・柔道の技の一。相手の回しや腕・首などに手をかけ、腰を入れて投げ倒すこと。上手(うわて)投げ・背負い投げ・首投げなど。「投げを打つ」
囲碁・将棋で、終局にならないうちに負けが明らかになったとき、自分の持っている石または駒を盤上に置き負けを認めること。投了。
取引で、相場が買い値よりも下がり、このままではが大きくなると判断したとき、損を承知で売ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なげ【投げ】

投げること。 「輪-」 「まり-」
相撲すもうや柔道などで、相手をかかえ、腰を入れて投げ倒す技。首投げ・背負い投げ・上手投げ・下手投げ・小手投げなど。投げ技。 「土俵際で-を打つ」
囲碁・将棋で、対局の途中で勝算のないことが明らかになり、自分の負けを認めて勝負をやめること。投了とうりよう
取引で、それ以上の損失を避けるため、損を承知で売ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

投げの関連情報