終局(読み)しゅうきょく

精選版 日本国語大辞典「終局」の解説

しゅう‐きょく【終局】

[1] 〘名〙
、将棋などを打ちわること。また、その終わりの局面。
※蛙のこえ(1952)〈大宅壮一〉玄人「いつも終局の勝負のみを念頭においている」 〔馬戴‐期王錬師不至
② 事がおわること。事件の落着。終結。おわり。しまい。
※改正増補和英語林集成(1886)「ダンパン shūkyoku(シュウキョク) スル」
[2] 〘副〙 つまるところ。結局。
※続いたづら小僧日記(1909)〈佐々木邦訳〉「何うしても諦めがつかず、終局(シウキョク)私は一人で行く決心をして了ひました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「終局」の解説

しゅう‐きょく【終局】

碁・将棋を打ちおわること。⇔開局
物事の結末がつくこと。しまい。終結。「騒乱が終局を迎える」
[類語](1投了終盤/(2終焉結末大詰め終末終わり最後おしまい終了終結果てし幕切れ閉幕打ち止めちょんかんりょうジエンドしま最終結び締めくく結尾末尾掉尾とうび・ちょうび終幕土壇場どたんばどん詰まりすえラストエンディングフィニッシュフィナーレ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「終局」の解説

【終局】しゆうきよく

碁をうち終える。ことの終わり。・馬戴〔王錬師と期して至らず〕詩 昨日の圍棋、未だ局をへず 多く白鶴に乘じて、山を下り來(きた)る

字通「終」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android