終局(読み)シュウキョク

デジタル大辞泉の解説

碁・将棋を打ちおわること。⇔開局
物事の結末がつくこと。しまい。終結。「騒乱が終局を迎える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

碁・将棋などを打ち終わること。
物事の結末。事件の終わり。終末。落着。 → 終極補説欄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 碁、将棋などを打ち終わること。また、その終わりの局面。
※蛙のこえ(1952)〈大宅壮一〉玄人「いつも終局の勝負のみを念頭においている」 〔馬戴‐期王錬師不至詩〕
② 事がおわること。事件の落着。終結。おわり。しまい。
※改正増補和英語林集成(1886)「ダンパン shūkyoku(シュウキョク) スル」
[2] 〘副〙 つまるところ。結局。
※続いたづら小僧日記(1909)〈佐々木邦訳〉「何うしても諦めがつかず、終局(シウキョク)私は一人で行く決心をして了ひました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終局の関連情報