コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投球骨折 とうきゅうこっせつ

家庭医学館の解説

とうきゅうこっせつ【投球骨折】

[どんな病気か]
 野球の投球の際などに、上腕骨(じょうわんこつ)に加わる自分の筋力のためにおこる上腕骨骨幹部(じょうわんこつこっかんぶ)の螺旋骨折(らせんこっせつ)です。
 たいていは投手におこりますが、二塁に送球する際に捕手におこることもあります。
 また、骨折がおこるのは筋力の強い青壮年の男性で、筋力の弱い女性や中学生以下の子どもにおこることはありません。
[症状]
 骨折する際に、ボキッという音がします。
 肘(ひじ)が変形して腫(は)れ、動かそうとすると肘がひどく痛みます。
[治療]
 ギプスで固定し、骨がくっつくのを待つ保存療法と、手術をして、金具で骨をつなぐ手術療法とがあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android