コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手術療法 しゅじゅつりょうほうoperative treatment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手術療法
しゅじゅつりょうほう
operative treatment

癌の治療法は着実に進歩しているが,白血病などを除くほとんどの癌で最も基本的,確実なのが手術療法 (外科手術) である。目的は癌病巣を取除くことにあるが,最近は患者の生活や人生の質 (クオリティ・オブ・ライフ) を重視して,体の機能や外観をできるだけそこなわずに治療効果をあげることに主眼がおかれている。通常,手術は根治の目的で癌病巣の部分や癒着,浸潤している隣接臓器の切除や転移の可能性のある周辺リンパ節の除去を行う。完全に癌病巣を取去ることが不可能とわかっている場合でも,ほかの治療法を併用することで治療効果をあげられると判断した場合,病巣を小さくする手術が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

手術療法の関連キーワード卵巣内膜症性嚢胞(卵巣チョコレート嚢胞)特発性大腿骨頭壊死子宮下垂/子宮脱交感神経芽細胞腫膀胱頸部硬化症食道アカラシア先天性性器異常ユーイング肉腫電撃傷(感電)リンパ節腫瘍放射性皮膚炎メニエール病慢性膿皮症骨盤腹膜炎月経困難症前立腺がん前田 友助子宮肉腫CHS法盛新之助

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手術療法の関連情報