コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投資摩擦 とうしまさつinvestment friction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

投資摩擦
とうしまさつ
investment friction

日本企業による対米・対欧直接投資の増大が,現地との間に対立状況を生んでいること。特に,その国の文化的・精神的シンボルを買収することは,必ずしも現地の人々から歓迎されてはいない。さらにこの対立を増幅させているのが,外国企業の日本国内への投資の困難さである。日本国内の文化的あるいは金融市場特殊性のため,海外の企業が日本企業を買収しようとすることはきわめて困難である。このことは,相互主義の立場からすれば,きわめて不公平であるとみなされる。今後の世界協調体制の確立を考えれば,日本側のさらなる開放が必要とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

投資摩擦の関連キーワードオーバー・プレゼンス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android