コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗線溶剤 こうせんようざいantifibrinolytic agent

1件 の用語解説(抗線溶剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗線溶剤
こうせんようざい
antifibrinolytic agent

線溶現象の治療あるいは予防に用いられる薬剤。トラジロール,イプシロン (EACA) ,トランサミン (AMCHA) などの製剤がある。用途例としては,破裂した脳動脈瘤内に生じて止血の役割を果している血栓が線溶現象で融解して起る,再出血の予防などがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone