コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜髄 ばつずいextirpation of dental pulp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抜髄
ばつずい
extirpation of dental pulp

歯の髄室および根管内の歯髄を抜去する操作をいう。俗に歯の神経を抜くという。歯髄炎で歯髄の保存が不可能な場合に,炎症がさらに根尖部歯周組織にまで広がるのを防ぐために行う。まず髄室を完全に開放して歯冠部の歯髄を除去し,根管を拡大して,抜髄針を根尖まで挿入し,これに歯髄をからませて切断摘出する。後処置として,すみやかに根管治療,根管充填を行う。抜髄された歯はいわば死んだ歯になるが,これらの処置を行うことにより,一応歯としての外形と機能を保ち続けることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

抜髄の関連キーワードむし歯(う蝕症)歯科治療歯牙再植咬耗症歯痛う蝕抜歯

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抜髄の関連情報