コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拘束行為 こうそくこうい nexum

1件 の用語解説(拘束行為の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拘束行為
こうそくこうい
nexum

古代ローマ法における債権的法律行為。広義では銅と秤とをもってする行為を指示し,したがって握取行為 mancipatioをも包含するが,狭義では責任関係の発生を目的とする完結的かつ双務的な行為である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拘束行為の関連キーワードコーイング認可物権行為家父債権行為ナポカ古代ローマ人の格言木庭顕準法律行為的行政行為法律行為的行政行為

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone