労務(読み)ろうむ

精選版 日本国語大辞典「労務」の解説

ろう‐む ラウ‥【労務】

〘名〙
① 報酬を得て行なう働勤務。
※民法(明治二九年)(1896)六二三条「雇傭は当事者の一方が相手方に対して労務に服することを約し」
② 労働に関する事務。また、それをする人。「労務課」
※階級(1967)〈井上光晴〉七「こういう場合は特別だからみんなでろという労務のふれ込みがいくらきても」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「労務」の解説

ろう‐む〔ラウ‐〕【労務】

報酬を受ける目的で行う労働勤務。「労務に服する」
企業で、労働力の使用・管理に関する事務。「労務を担当する」
[類語]実務公務国務政務法務税務軍務商務庶務財務外務教務学務社務会務宗務事務業務総務校務乗務雑務雑役要務特務激務急務作業労働仕事労作役務えきむ労役ろうえき操業業務働く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android