拡張平均値定理(英語表記)extended mean value theorem

法則の辞典の解説

拡張平均値定理【extended mean value theorem】

第二中間値の定理*とも呼ばれる.

閉区間[ab]で連続であり,開区間(ab)で微分可能,かつ &scriptg;a)≠&scriptg;b)を満たす二つの関数 fx),&scriptg;x)に対して,(ab)間のある点 x1 が存在して,

または f′(x1)=&scriptg;′(x1)=0を満足する,という定理

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android