コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡散型対流 かくさんがたたいりゅう diffusive type convection

1件 の用語解説(拡散型対流の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

拡散型対流

海水中等で、上層ほど水温も塩分も低くなっている安定成層、すなわち水温が成層の不安定要因となり塩分が安定要因になっているが全体としては安定である成 層、の中に生じる二重拡散対流。1つの界面の上側により低温低塩分の水があるとすると、熱の拡散係数が塩分より大きいため、塩分分布を保存したまま上層の 下部が暖められ、下層の上部が冷やされる。そのため界面を境にする安定度は時間と共に増大するが、上層・下層のそれぞれの内部で不安定が生じて対流が起こ る。このことから安定過剰型対流呼ばれることがある。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拡散型対流の関連キーワード亜寒帯水亜熱帯モード水水塊気温減率海水温度水温沼井ソルトフィンガー型対流中冷層現場密度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone