成層(読み)セイソウ

岩石学辞典の解説

成層

bedding: →層理
stratification: 地層内での層状または互いに多少平行な岩石片または鉱物粒子の配列.同じ言葉に層理(bedding)または葉理(lamination)があるが,成層(stratification)は一般的な語で厚さ1cm以下の薄い葉理や1cm以上の厚さの層理を含んでいる[McKee & Weir : 1953].ラテン語のstratumは広がる,facioは作るの意味.

成層

岩石の葉状構造が元々の成層構造に対応しているもの[Sorby : 1856].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐そう【成層】

〘名〙 次第に積み重なること。積み重なって層をつくること。また、そのもの。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成層の関連情報