コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持分の結合 もちぶんのけつごう

1件 の用語解説(持分の結合の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

持分の結合

合併・株式交換営業譲渡などを行う際の企業結合の類型の一つ。いずれの企業の株主も他の企業や事業を支配せず、共同で利益を共有して、1つの報告単位とすることを「持分の結合」という。ただし、「持分の結合」と認められるためには難しい要件をクリアーする必要がある。持分の結合の場合、持分プーリング法が会計処理法として適用される。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

持分の結合の関連キーワード営業譲渡株式交換ネゴシエーション取得ストラクチャー射線企業再編企業結合会計企業合併税制適格企業再編

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone