コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持分の結合 もちぶんのけつごう

会計用語キーワード辞典の解説

持分の結合

合併・株式交換・営業譲渡などを行う際の企業結合の類型の一つ。いずれの企業の株主も他の企業や事業を支配せず、共同で利益を共有して、1つの報告単位とすることを「持分の結合」という。ただし、「持分の結合」と認められるためには難しい要件をクリアーする必要がある。持分の結合の場合、持分プーリング法が会計処理法として適用される。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

持分の結合の関連キーワード企業結合会計合併

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android