コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業結合 キギョウケツゴウ

世界大百科事典 第2版の解説

きぎょうけつごう【企業結合】

複数の企業が意思決定を全面的ないしは部分的に統一するために結合すること。独占利潤の獲得または企業の合理化を目的として形成される。結合の組織的形態は意思決定の統一化の必要性の程度等に応じて多様である。その方法により,企業合併(合併),企業連携(役員兼任等),企業協定(カルテル等)に分けられる。具体的には,カルテル(ドイツが有名),シンジケートトラスト(アメリカが有名),コンツェルン等の形態がある。
[商法]
 会社法上,企業結合の明確な定義はなく,各種の規制目的に応じて企業結合概念を理論上明らかにしなければならないが,合併以外の場合(狭義の企業結合)が企業結合の問題として論じられることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

企業結合の関連キーワード石油化学コンビナート日曹コンツェルン持分プーリング法コングロマリット国際財務報告基準共通支配下の取引株式公開買付け公正取引委員会会計ビッグバンクレイトン法独占資本主義企業結合会計パーチェス法事業分離会計コンビナート営業報告書独占禁止法持分の結合帝国主義事業譲渡

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

企業結合の関連情報