コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持(ち)回り モチマワリ

デジタル大辞泉の解説

もち‐まわり〔‐まはり〕【持(ち)回り】

一つの物事が関係する人に順次回っていくこと。「次回から幹事は持ち回りとする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

持(ち)回りの関連キーワードアジア=アフリカ法律諮問委員会東南アジア諸国連合外相会議ヨーロッパ国際特急列車南北アメリカ放送連盟極東選手権競技大会ロータリー・クラブ国際記念物遺跡会議アラブ石油相会議東南アジア映画国民体育大会芸術祭内閣閣議

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android