次次(読み)スギスギ

デジタル大辞泉の解説

すぎ‐すぎ【次】

[副]つぎつぎ。
「公達、同じほどに―大人び給ひぬれば」〈紅梅

つぎ‐つぎ【次次】

[副]物事が次から次へと続くさま。「次次に用事ができる」「次次(と)客が訪れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すぎすぎ【次次】

( 副 )
つぎつぎ。 「まだ幼きなど、-に五、六人ありければ/源氏 東屋

つぎつぎ【次次】

( 副 )
(多く「に」や「と」を伴って)あまり間を置かず、異なる物事が続くさま。次から次に。順々に。 「新製品が-あらわれる」 「選手たちが-に登場する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

次次の関連情報