持立(読み)もちたて

精選版 日本国語大辞典の解説

もち‐たて【持立】

〘名〙 所有して間もないこと。持ったばかりのもの。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「持立(モチタテ)の女房だ迚(って)、間がな透(すき)がなお縁さんの傍へ倚て、のろけた顔を見なナ」

もっ‐た・てる【持立】

〘他タ下一〙 もった・つ 〘他タ下二〙 持ち上げるようにして立てる。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)八「魚の驚てひれをもったてたる体也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android