持筒頭(読み)もちづつがしら

精選版 日本国語大辞典「持筒頭」の解説

もちづつ‐がしら【持筒頭】

〘名〙 江戸幕府の職名。将軍の鉄砲をあずかり、戦時には与力一〇騎、同心五五人を率いて、将軍を警衛し、平時には江戸城本丸の中の門を固めた。定員四、五名。若年寄支配。一五〇〇石高。
※わらんべ草(1660)一「御楽屋の、御馳走奉行衆は、御かち頭壱頭、御もち筒頭と二頭なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android