指数分布(読み)しすうぶんぷ(英語表記)exponential distribution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「指数分布」の解説

指数分布
しすうぶんぷ
exponential distribution

λ を母数とする確率密度関数 f(x) が f(x)=λex(λ>0,x≧0) である連続型の分布をいう。平均値は 1/λ 。これは,行列待合せのサービス時間の長さを求めるときなどに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典「指数分布」の解説

指数分布【exponential distribution】

確率密度関数が fx;a)=a-1exp(-x/a)(0<a<∞,0<x<∞)で表現される分布をいう.機械やパーツ類の寿命分布としてよく用いられている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内の指数分布の言及

【確率分布】より

…(4)Γ分布はその密度関数が正のパラメーターλとrにより, と表されるもの,またワイブル分布は, を密度関数にもつもので,ともに応用上しばしば用いられる。とくにr=1のときのΓ分布は指数分布と呼ばれる。(5)コーシー分布 図のようにルーレットが止まったとき,針の先の示す直線上の点はコーシー分布に従って分布する。…

※「指数分布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android