コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指方立相 シホウリッソウ

デジタル大辞泉の解説

しほう‐りっそう〔シハウリツサウ〕【指方立相】

浄土教で、阿弥陀仏の浄土が西方にあると指し示し、その浄土の種々な相を明らかにすること。しほうりゅうそう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しほうりっそう【指方立相】

〘仏〙 〔「しほうりゅうそう」とも〕 浄土教で、西方に阿弥陀の浄土を定め、その特色を具体的に描き出すこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

指方立相の関連キーワード梅原 真隆阿弥陀浄土教特色

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android