コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振り子電車 ふりこでんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

振り子電車
ふりこでんしゃ

台車の傾斜にかかわらず左右動ができるように車体の構造を振り子式にして,曲線半径の小さい区間で高速運転をしても遠心力と重力の合力の方向が常に床面に垂直になるように設計した電車。傾斜させるために,(1) パンタグラフ以外の機械類を床面以下に収め,重心を下げ,さらに台車と車体の間にころを入れる自然傾斜式と,(2) 台車と車体の間に油圧装置などを利用したばね装置をつけ,曲線,速度に応じて調節する強制傾斜式がある。 (1) は国鉄によって 1969年から開発され,73年7月から 381系特急直流電車によって実用化されて,カーブの多い中央線のスピード化に成功した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android