振振毬杖(読み)ぶりぶりぎちょう

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶりぶり‐ぎちょう ‥ギチャウ【振振毬杖】

〘名〙 =ぶりぶり(振振)(一)①
浄瑠璃芳野の内裡(1708)三「くはっとひらいたかどかざり、ぶりぶりぎてうはごのこを、つくやひとふたみしめなは」
[補注]「ぶりぶり」と「毬杖」は本来は別物であるが、ともに正月に遊ぶ玩具であるところから混同されてこの言葉が生じたと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android