毬杖(読み)ぎっちょう

  • ×毬×杖
  • ×毬×杖/×毬▽打
  • きゅうじょう キウヂャウ
  • きゅうじょう〔キウヂヤウ〕
  • ぎっちょう〔チヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正月の子供遊戯の一種。槌形のに色糸などを飾りつけ,これで木製を打合い,早く中央の一線を越して相手陣に打込んだ者を勝ちとする。『骨董集』によると,京都では子供が生れて初めての正月には,母方の里から毬杖を贈るのを例とし,その毬杖は胡粉緑青などで彩ったという記録がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホッケーによく似た日本の古い遊び。中国から伝わった打毬(だきゅう)から転じて子どもの遊びとなったもの。子どもの正月遊戯。〈きゅうじょう〉〈ぎちょう〉〈ぎっちょ〉〈たまうち〉〈だきゅう〉〈まりうち〉などともいった。断面が六角柱のヘッドのついたスティックで,木製円盤のボールを打ち合う遊び。江戸時代には正月男子の祝い物の専用玩具(がんぐ)として売り出され,人気があった。明治以降も〈はまなげ〉〈はんまなげ〉〈ぎっちょ〉などと呼ばれて,この種の遊びが行われていた。
→関連項目左義長

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国から渡来した打毬(だきゆう)が転化した遊び。毬打とも記し,〈きゅうじょう〉〈ぎちょう〉〈ぎっちょ〉〈たまうち〉〈だきゅう〉〈まりうち〉などともいった。平安末期の《年中行事絵巻》正月遊戯のに毬杖の図が描かれているのをはじめ,古文献に記述は多く見られるが,遊事法について詳述した文献はほとんどない。1713年(正徳3)の《和漢三才図会》には,当時すでに本式の毬杖は下向の道をたどり,他方わらべ遊びとしての毬杖が行われていたことが記されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 毬(まり)を打つ競技に用いる杖。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※宇津保(970‐999頃)祭の使「おほいなるたまを、舎人どもの中に投げ出し給ふ。舎人どもきう丁を持ちて遊びて打ち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の毬杖の言及

【毬杖】より

…毬打とも記し,〈きゅうじょう〉〈ぎちょう〉〈ぎっちょ〉〈たまうち〉〈だきゅう〉〈まりうち〉などともいった。平安末期の《年中行事絵巻》正月遊戯の条に毬杖の図が描かれているのをはじめ,古文献に記述は多く見られるが,遊事法について詳述した文献はほとんどない。1713年(正徳3)刊の《和漢三才図会》には,当時すでに本式の毬杖は下向の道をたどり,他方わらべ遊びとしての毬杖が行われていたことが記されている。…

【打毬】より

…新ルールは土佐藩や八戸藩など地方でも行われ,明治維新後は宮内省主馬寮に受け継がれて今日に至る。平安宮中では打毬を徒歩で行うこともあり,さらに平安時代末には庶民の間に馬と毬門を用いないより簡略化した毬杖(ぎつちよう)が生み出された。【寒川 恒夫】。…

【毬杖】より

…毬打とも記し,〈きゅうじょう〉〈ぎちょう〉〈ぎっちょ〉〈たまうち〉〈だきゅう〉〈まりうち〉などともいった。平安末期の《年中行事絵巻》正月遊戯の条に毬杖の図が描かれているのをはじめ,古文献に記述は多く見られるが,遊事法について詳述した文献はほとんどない。1713年(正徳3)刊の《和漢三才図会》には,当時すでに本式の毬杖は下向の道をたどり,他方わらべ遊びとしての毬杖が行われていたことが記されている。…

※「毬杖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android