コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掃出法 はきだしほうsweeping‐out method

世界大百科事典 第2版の解説

はきだしほう【掃出法 sweeping‐out method】

連立一次方程式を考えよう。(2)-(1),(3)-2×(1)を取れば,この方程式は,と同値である。このように(1)を使って(2),(3)のxの項を消去することをxを掃き出すという。次に(2′)に注目して,(2′)を, yz=-6 ……(2″) と置きかえ,(1)-2×(2″),(3′)-(-5)×(2″)を作る。もとの方程式は,と同値になる。(1/8)×(3″)により, z=-7/2  ……(3‴)を得る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

掃出法の関連キーワード連立一次方程式同値

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android