コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山 まるやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸山
まるやま

千葉県南部,南房総市東部の旧町域。房総半島の南部に位置し,南東で太平洋に面する。 1955年豊田村,丸村の2村と千倉町の一部が合体して丸山町が成立。 1956年南三原村の一部を編入。 2006年富浦町,富山町,三芳村,白浜町,千倉町,和田町と合体して南房総市となった。中世は丸氏,里見氏の所領で,近世には江戸幕府の直轄地。地溝帯の丸山平野では米作,乳牛飼育が行なわれる。石堂にある石堂寺の本堂,多宝塔薬師堂および旧尾形家住宅は国指定の重要文化財。海岸部一帯は南房総国定公園に,嶺岡浅間 (336m) 南西麓にあたる北部一帯は嶺岡山系県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まるやま【丸山】[地名]

長崎市の遊郭のあった所。遊里は江戸初期に始まり、京の島原、江戸の吉原大坂新町と並んで繁栄した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

丸山【まるやま】

長崎市街東部の一地区。1642年遊廓となり,京都島原,江戸新吉原(吉原)と並び称された。延宝年間轡(くつわ)(遊女屋)103軒,遊女766人,うち太夫127人を数え,貞享〜宝永年間最盛期を迎えた。
→関連項目唐来参和遊郭(廓)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

丸山

和歌山県田辺市、天神崎沖合約0.1km、田辺湾口に位置する無人島。島頂には1996年に役目を終えた丸山灯台がモニュメントとして残る。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

まるやま【丸山】

長崎の遊郭のあった所。近世、江戸の吉原・京都の島原・大坂の新町と並び称された。

まるやま【丸山】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

丸山の関連キーワード岐阜県御嵩町・小和沢地区千枚田オートキャンプ場島根県邑智郡川本町三原三重県熊野市紀和町丸山喜連川スカイタワー富山県射水市青井谷滋賀県長浜市三川町奈良県橿原市大軽町大阪府貝塚市地藏堂長崎県長崎市寄合町群馬県太田市丸山町三重県伊賀市枅川ローズマリー公園青森県青森市三内虹よ、冒涜の虹よ黒い海への訪問者朝日のあたる家五条野丸山古墳甚左衛門(2)マルヤマアイト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸山の関連情報